バストアップ出来る睡眠方法は超簡単!3つのポイントも紹介

バストアップ

ダイエットと同じくらい、世の中の女性にとって欠かせない重要なことが「バストアップ」ではないでしょうか。バストアップについて気にしたことがないという人も中にはいるかもしれませんが、ボリュームの無い胸に悩んでしまったり、胸の大きな友達を見ては溜め息を吐いてしまったりなど、胸にコンプレックスを抱えている女性も沢山いるんです!

そんな、胸にコンプレックスを感じたことがある女性なら一度は何らかのバストアップ方法を試したことがあるのではないでしょうか。バストアップの方法にも沢山あり、バストアップマッサージやバストアップエクササイズ、バストアップサプリメント、バストアップのための育乳ブラやナイトブラ、バストアップエステ、ツボ押しなどなど色々あります。

しかし「バストアップと睡眠」の関係について真剣に考えたことがある人はそこまで多くないのではないでしょうか。実は、睡眠というのはバストアップやバストサイズに大きく関わっているということがわかっているんです。

そこで、この記事ではバストアップと睡眠の関係について解説。バストアップに効果的な睡眠方法がポイントについてご紹介させていただきたいと思います。バストアップを行っているという方はぜひ今回ご紹介する睡眠方法やポイントも押さえてみてくださいね。

バストアップに睡眠は必要不可欠

仕事、学校、アルバイト、家事、育児、趣味…やること、やりたいことはいくらでもありますよね。しかし、時間は有限です。「時は金なり」と言われ、時間というものはお金と同じくらい大切なものだと言われていますが、時間はお金以上に大切です。そんな大切な時間を増やすためにまず削られるもの…それが「睡眠」ではないでしょうか。

好きな映画や海外ドラマ、アニメ、小説、雑誌、本、ゲーム、マンガ、友達や彼氏との楽しい時間に夢中になって、ついつい睡眠が疎かになって寝不足になってしまったということ、きっと誰にでも経験がありますよね。睡眠を削ることは手っ取り早く時間を作る方法でもあるため、多くの人が睡眠時間を削っています。

徹夜をしたり、ちゃんと眠らないとどうしてもぼーっとしてしまいますが、これはなぜかというと、睡眠で回復できるはずだった疲労が回復出来ず、脳が疲れてしまっているから。脳というのはとてもエネルギーを消費する臓器であり、1日にブドウ糖を120gも消費しています。調理を行ない、脳に効率よく栄養を届けることが出来たからこそ人間の知能は発達したと言われているのです。

これと同じように、バストサイズを大きくするためには女性ホルモンが大切です。女性ホルモンは睡眠のゴールデンタイムに就寝していることで分泌されますが、寝不足や徹夜が続くと女性ホルモンが十分に分泌されなくなってしまうんです。女性ホルモンという栄養が足りなくなってしまうと、バストサイズにも大きく影響します。

都会より田舎のほうがバストサイズが大きい!?

バストサイズと睡眠については、実は様々な実験や研究の結果から全国的な統計で大きな違いがあるということが判明しているということはご存知でしたか?結果から言いますと、都会ほど睡眠の質が悪くなる傾向になるためバストアップしにくく、自然が多く静かな地方都市や田舎のほうが睡眠の質がよくなるためバストアップしやすいという結果が出ているんです。

首都圏など都会では夜勤で夜働く人も多かったり、仕事内容がハードだったり、娯楽施設や飲食店なども沢山あるため、その分睡眠時間をしっかり確保することが出来ないこともありますよね。対して、田舎の場合には空気が澄んで居て、自然に囲まれているため都会のような喧騒もなく、娯楽施設や飲食店なども営業していないことが多いため、睡眠の量や質が上がり、それがバストアップにつながったのかも知れません。

またもう一つ、平均的なバストサイズが大きいエリアでは、成長ホルモンが沢山分泌される時期である第二次性徴期の学生らが寝る時間が早めであるという特徴があることがわかっているんです。

逆に、平均的なバストサイズが小さいエリアでは受験勉強に力を入れており、第二次性徴期の学生らの寝る時間が遅くなっているということがわかりました。

以上のように、バストサイズには思春期の頃の睡眠時間が非常に大切なのです。しかし、思春期はもうとっくに過ぎてしまったからと言って諦める必要はありません。バストアップに影響する成長ホルモンや女性ホルモン「エストロゲン」は、思春期を過ぎ大人になってからも、量は減少するものの分泌されているんです。

つまり、大人になってからも十分バストアップは出来るということ。大人になってからのバストアップは成長ホルモンや女性ホルモンの分泌を最大限にすることが大切なので、そのために睡眠は欠かすことが出来ないのです。

バストアップに効果的な睡眠方法

バストアップのためには睡眠が大切ですが、ただいつ眠ってもいいという訳ではありません。実は、眠る時間帯が非常に大切。

バストアップのためには睡眠のゴールデンタイムと言われる「22時~深夜2時」の間に寝ることが肝心なのです。一体これはなぜなのかというと、成長ホルモンが分泌されるメカニズムに関係あるからです。

バストサイズを大きくするのは成長ホルモンと、女性ホルモン「エストロゲン」というホルモンです。そしてこれらのホルモンは、眠ってから1時間程度で訪れる最初の深い睡眠(ノンレム睡眠)の時に沢山分泌されるということがわかっているんです。このような人間の身体のメカニズムについて考えると、睡眠はとても大切だということがわかりますよね。

22時に眠ることは難しくても、可能なら23時には眠っていたいところです。成長ホルモンと女性ホルモン「エストロゲン」の分泌においては、この睡眠のゴールデンタイムである22時~深夜2時にたっぷり寝るようにすれば、何時間寝るかということはそこまで問題にはなりませんが、自分の身体に合わせて、必要な睡眠時間を取ることが大切です。

よく寝てバストアップ!3つのポイント

それではここからはバストアップのための睡眠のポイントについてご紹介させて頂きたいと思います。

ポイントその1「7時間以上眠る」

上で、ゴールデンタイムである22時~深夜2時にたっぷり眠るようにすれば睡眠時間についてはそこまで問題にならないとご紹介しましたが、それは最低限の睡眠を撮っている場合です。4、5時間程度では普通の人の平均的な睡眠時間としては身近過ぎます。

実際、胸が小さくて悩んでいるという女性の平均的な睡眠時間は5、6時間が多いと言われており、バストアップしたいなら最低でも7時間くらいは睡眠時間として確保したいところです。日本ではなぜか沢山眠ることは悪いことのように思われている部分もありますが、そんなことはありません。逆に、7、8時間程度の適切な睡眠時間を取らないと仕事や勉強などのパフォーマンスも低下してしまうということがはっきりわかっているんです。おまけに成長ホルモンや女性ホルモンまで減ってしまってバスト大きくならない…なんてことになったら悲しすぎますよね。

バストアップをしたいなら早寝早起き以上にゴールデンタイムに眠ること、睡眠時間をしっかり確保することを心がけましょう。睡眠不足は肌荒れにも影響するため、睡眠時間が増えれば肌荒れも改善されるかもしれませんよ。

ポイントその2「寝る時の姿勢にも気をつける」

眠る時は意識がないため、姿勢に気をつけるといっても難しいかもしれませんが、眠りに入る時の姿勢については心がけ次第で変えることは出来ますよね。眠るときは、可能なかぎりバストを押しつぶしてしまうような体勢にはならないように気をつけましょう。

うつ伏せなどバストが潰れてしまう体勢で眠ると、体重によってバストが潰れてしまいます。そうすると、バスト全体の形が崩れてしまうことになるのです。うつ伏せで眠る癖があるという人は寝る時の体勢を改善してみましょう。美しいバストのためには仰向けで眠ることがおすすめです。

いくらバストアップして大きなバストを手に入れても、形が崩れてしまっていたら素直に喜べませんよね。バストは大きさだけでなく、形もとても大切です。バストアップ、そして美しいバストの形のためにも眠る時の体勢も工夫していきましょう。

ポイントその3「ナイトブラをつける」

あなたは夜眠るときにブラジャーはつけますか?つけませんか?ブラジャーはワイヤーが入っているため、圧迫感もあったりして窮屈ですよね。お風呂でブラジャーを外した時の解放感はとてもすっきりするもの。寝る時だって、そんな窮屈さを感じて寝るのは辛いですよね。実際、多くの女性が寝る時はブラジャーを付けていないようです。

とあるアンケートで「寝るときにブラジャーをつけていますか?」という質問をしたところ、69%もの女性が「つけない」と回答したのです。なんと7割近くの女性が眠る時はブラジャーをしていないということになります。

しかしながら、実は寝ている時にもバストの形はどんどん崩れて言ってしまうのです。ブラジャーによって支えられていないため、バストのお肉が背中やお腹、脇などに流れてしまい、バストサイズが小さくなってしまうことも。

そこでおすすめなのが夜寝る時専用の「ナイトブラ」です。寝る時もナイトブラでしっかりとバストを包み込んであげることで、お肉が流れてしまうのを防いでくれますよ。

おすすめナイトブラの最新情報はコチラ

まとめ

バストアップと睡眠の関係について、如何でしたでしょうか?実は睡眠はバストのサイズとこんなにも大きな関わりがあったのです。

バストアップをしたいなら、しっかり睡眠を取ることが大切です。また、ポイントを押さえることでより効率的に寝ながらのバストアップ、バストケアを行うことができます。ぜひ今日からでも実践してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました